コイネット探検隊

ブログトップ

<   2007年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

親子三代のおひなさま展

かりん会館の展示のお知らせ
f0053257_16321039.jpg













25年前 50年前 85年前 親子三代のおひなさま
昔、お嫁入りのとき ご近所の人に「なかよくしてくださいね」
という意味で、お人形を配った地域もあるような
池を眺めながら そんな 懐かしい思い出を親子で話し合うのも言いですね

満濃池の資料も展示してあります
満濃池人物伝f0053257_16361275.jpg













四国ブログランキングに参加しています。
満濃池を全国に向けて発信するためにも
クリックしていってください→人気blogランキング
[PR]
by koi-net | 2007-02-27 16:39 | かりん会館催し物

JAきらりすと倶楽部 手打ちうどん体験と満濃池歴史探訪


f0053257_10531887.jpg













2月24日(土曜日)兼ねて募集のありました。
「JAきらりすと倶楽部」が満濃池かりん会館において開催されました。
f0053257_10513561.jpg












まずは讃岐の夢2000(讃岐特産小麦)を使った手打ちうどん体験です。
f0053257_10525927.jpg













次に「まんのう池コイネット」によります満濃池の歴史探訪へと
f0053257_10595923.jpg













肌寒い風の吹く中みなさん熱心に説明を聞いておられました。
リピーターとなって再び満濃池を訪れる事を心よりお待ちしております。
今日はご苦労様でした。
ブログランキングにご協力下さいクリック→人気blogランキング
[PR]
by koi-net | 2007-02-26 11:11 | かりん会館催し物

まんのうにもあった 四国観光達人認定証

昨年12月に始めて実施された「四国観光達人認定試験」にまんのう町内からも合格の声が聞こえました。
f0053257_17345547.jpg












今後の活躍が期待されます。頑張ってくださいね

以下四国新聞HP参照
四国四県の観光協会でつくる四国観光協会連合は二十二日、昨年十二月に初めて実施した四国観光検定の試験結果を発表。十二都府県の三百六十二人が合格し、「四国観光達人」の称号を手にした。合格率は29・9%。香川県内からは最多の百四十七人が合格した。

 合格者の平均年齢は四九・九歳。最高齢は七十四歳で観音寺市の大谷清志さんら二人、最年少は十八歳で東京都の大学生吉田琢さん=三木町出身=だった。

 最高点は百六点(百八点満点)を取った高松市の会社員白川哲さん(39)。百点以上が八人おり、県在住者が五人を占めた。

 受験者したのは、十六都府県の千二百九人。平均年齢は四七・〇歳、平均得点は六十五・七点。

 試験は、四国全般と県別の計五部門百八問を出題。合格基準は全体で七十五問以上、かつ全部門でいずれも50%以上の正答。総得点は七十五点を超えたが、部門別で基準に及ばず合格を逃した人が十四人いた。

四国ブログランキングにもご協力下さい →クリック 人気blogランキング
[PR]
by koi-net | 2007-02-25 17:37 | 広報・TV

河島翔馬プロデュース 四国チャリティーLIVE

いよいよやって来ました、河島翔馬 待ちに待ったLIVEの開演です。開場は満濃池東詰めの高台にある「かりん会館」それも満濃池を一望できるデッキに陣取ってのライブとなりました。奇しくも空は怪しげな雲行きながら翔馬さんと観客の皆さんのパワーで何とか雨だけは切り抜けたようです。
f0053257_10214963.jpg














詳しい状況は下記リンク先をご覧下さい
まんのう池コイネット
kamechanのブログ
UDONまんツー団ブログ
大満濃池ブログ
本屋敷が行くブログ
そして 勝手気ままな日記帳
人気blogランキング
[PR]
by koi-net | 2007-02-24 10:29 | かりん会館催し物

去年植樹の陽光桜 (NPO夢桜)

去年3月に盛大に植樹が行われました。「NPO夢桜」
初めて植樹されたのは「陽光桜」という二重で鮮やかな
ピンク色をした桜でした。
f0053257_9202415.jpg













去年咲いていた「陽光桜」です
f0053257_92126100.jpg













2月15日現在の植樹した桜はといいますと
f0053257_926711.jpg



















f0053257_9233290.jpg














まだまだ蕾は固く色も付いてはいませんが元気に
春に向って伸びているようです
f0053257_9235154.jpg













人気blogランキング
[PR]
by koi-net | 2007-02-19 09:37 | 夢桜

河島翔馬プロデュース 四国チャリティーLIVE

来る2月23日(金曜日)15時 ~ 満濃池かりん会館(無料)で開催されます。f0053257_12111167.jpg




















四国の大自然に捧げる、ライブの88ケ所巡り。
ライブの収益はチャリティーとして、植林や川の清掃など自然保護のために活用されます。
f0053257_1212526.jpg



















河島翔馬は8年前に他界した河島英五(酒と泪と男と女・野風僧などが有名)の長男として
四国霊場88ケ所を奉納演奏しながら歩いた経験もあり、まんのう町とも縁のある歌い手です。
f0053257_12163884.jpg


















平日の午後という参加しにくい日時ではございますが、出来るだけ多くの方の賛同を得たいと
頑張っておりますので、お誘いあわせのうえご参加お願いいたします。
人気blogランキング
[PR]
by koi-net | 2007-02-18 12:20 | かりん会館催し物

満濃池かりん会館周辺では

冬から春へと向っている満濃池かりん会館周辺では・・・
どんぐりの蕾が陽光を浴びてすくすくと育っています。
f0053257_8565035.jpg












毎年サクラを前ぼかしで撮っている満濃池のベストビューポイントでは
まだまだサクラは固い蕾のままです。
f0053257_8575356.jpg












醍醐の桜が猪の襲撃にあってから木の周りにネットを施し今のところ
食い止められているようです。
f0053257_911448.jpg












満濃池周辺、特に日当たりのよいかりん会館周辺は春の
芽吹きも早いように思えます。
人気blogランキング
[PR]
by koi-net | 2007-02-16 09:04 | かりん会館催し物

神野神社境内

満濃池湖畔にたたずむ神野神社はサクラの名所としても知られています。
境内東にある大きなソメイヨシノの蕾です。
まだまだ固くて色も付いていませんが今年の開花はかなり早いといわれています。
目が離せませんね
f0053257_16403668.jpg















そのサクラの枝の下には第二回満濃池空海俳句大会で優秀な成績を収めたかたがたの句が綺麗なムクの板に書かれて展示されています。

f0053257_16405724.jpg














f0053257_16411773.jpg













四国ブログランキングに参加しています。
皆様のクリックがランクアップに繋がりますので、
よろしくお願いします→人気blogランキング
[PR]
by koi-net | 2007-02-15 16:42 | 文化・観光

かりん会館でお菓子作り

2月10日(土)13時~16時まで 満濃池東詰めのかりん会館で行われました「お菓子教室」のレポートです。f0053257_11323534.jpg













本格的なお菓子作りに挑戦です みなさん真剣なまなざしで
f0053257_11334554.jpg













一つ一つ丁寧に作っていきます
f0053257_11352921.jpg














一番楽しみにしていた、自分たちで作ったお菓子でティータイム
f0053257_11364731.jpg












プレゼント用にラッピングの練習もしました
f0053257_11375669.jpg














沢山の参加者の皆さんがそれぞれ自分の個性も出しながらの3時間はあっという間に終わりました。ラッピングされたお菓子は何方の元に届けられるのでしょうか??

ランクアップにご協力をお願いします人気blogランキング
[PR]
by koi-net | 2007-02-11 11:42 | かりん会館催し物

冬でも樋門から水

満濃池の樋門から水

冬でも満濃池の樋門から水が流れ出ているのはちゃんと理由がありました。記事を書いたときには知らなかったのですが池管理の方に聞いてようやく分かった事がありました。

満濃池といえどもその始まりは「金倉川」を堰き止めて水を溜めるということから始まったわけです。つまり満濃池築堤以前から流れていた川本来の水は満濃池から常に流れ出ていなければ下流域の水利用や防火用水としての利用など多目的な水の利用が出来なくなるわけです。よって池の放水が完全に止められる事は無くいつも少しは流し続けているという事でした。   よくわかりました ありがとうございますf0053257_11288100.jpg















人気blogランキング
[PR]
by koi-net | 2007-02-11 11:28 | 池の仕組み