コイネット探検隊

ブログトップ

<   2006年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

合歓木の花にうっとり

今満濃池堤防東詰めの小高い丘の上にある「かりん会館」のすぐ前に合歓木の花が一斉に咲き誇っています。
夜になると葉を閉じるのでそのような名前がついたのでしょう。花は細い糸で作ったポンポンみたいな感じです。
f0053257_16543798.jpg


大きな木ですので、少し遠くからでも目視することが出来ます。
柔らかな花を見ているだけで暑さが吹っ飛びそうです。
f0053257_1657339.jpg

ランキングにご協力をお願いします。↓
人気blogランキング
[PR]
by koi-net | 2006-06-29 16:57 | 季節の情報

龍の正体見たり(^_-)-☆

以前の記事で満濃池の龍の話をしましたがその正体が・・・・
f0053257_11213383.jpg
f0053257_11214679.jpg

堤防に押し寄せてきた龍は実は長い長いオイルフェンスでした。
これにて一件落着 

ランキングにご協力下さい↓
人気blogランキング
[PR]
by koi-net | 2006-06-25 11:24 | 不思議現象

NHKぐるっと香川

f0053257_171823.gif
6月12日~16日までの夕方5時30分くらいからまんのう町(旧満濃)にスポットを当てた番組が放送されました。時間の都合で見られなかった方やもう一度見たい方の為にまた日本中のまんのう町ファン?にお届けします。
上の画像をWクリックしてくださいリンクを張ってあります。
[PR]
by koi-net | 2006-06-18 17:21 | 広報・TV

2006年 満濃池ゆる抜き

6月13日 正午 打ち上げ花火を合図に取水塔のバルブが開けられて放水が始まりました。沢山の見物客と報道関係者が見守る中、樋門から出る水は少しずつ量を増やしながら金倉川へと注がれました。
f0053257_14211266.jpg
f0053257_14212766.jpg
f0053257_1421406.jpg

       注)写真は小亀重喜氏撮影

讃岐地はこれから田植えの最盛期を迎えようとしています。

ランキングに参加しています よかったら1日1度はクリックを↓
人気blogランキング
[PR]
by koi-net | 2006-06-13 14:25 | 行事

6月13日 正午 満濃池初ゆる抜き

今年最初に池の水を放流する「初ゆる抜き」が行われます。正午の花火の音とともに樋門からは生命の水が讃岐平野へとほとばしります。←ライブカメラ当日13日はかりん会館において生花展や竹細工教室も開かれています。
勇壮な水の放水を是非ご覧下さい。
f0053257_11153086.jpg

ブログランキング低迷しております ご協力をお願いします。
↓クリック
人気blogランキング
[PR]
by koi-net | 2006-06-11 11:16 | 文化・観光

龍が現れた~かな

6月8日 かりん亭から見る満濃池湖面に空想の生き物と言われる満濃池伝説「龍」が出現しました。かりん会館の藤田さんやお客さんたちは大騒ぎに・・急いでデジカメを用意してパチリパチリ世紀の瞬間をパチリ

残念ながら隊員Aはその日の夕方にデジカメデータにて確認しましたが、はっきりくっきり写っていました。詳細・顛末はコイネットホームページの記事をご覧下さい。
コイネット「ユルヌキ前に龍が現れる」
f0053257_11433830.jpg

ランキングに参加していますご協力下さい
↓クリック
人気blogランキング
[PR]
by koi-net | 2006-06-09 11:44 | 不思議現象

石碑めぐり 真野池記碑

石 碑 紹 介 その3 真 野 池 記 碑
           場所 満濃池堤防東端神野神社石段横

 幕末に決壊した満濃池は明治三年に再築されたが、
これを記念して建立された石碑である。碑文の内容は、
前文で平安時代初期における空海の満濃池再築に触れ、
さらに江戸時代初期における丸亀藩主、生駒高俊と
家臣西嶋ハ兵衛による再築を称えている。
 続いて安政元年の堤防決壊とそれに伴う被害の
有様を述べ、後半ではこの復旧に関わった高松藩主松平頼総と、
復旧に奔走し底樋の石穴方式を推進した、執政松崎渋右衛門の
功績を称えている。
 石碑は矢原正敬の撰文、題額は正敬の染筆、碑文の染筆と碑の
建立は正敬の子息正照である。
                         
f0053257_15145051.jpg

ブログランキングに参加しています クリックしてください↓
人気blogランキング
[PR]
by koi-net | 2006-06-04 15:17 | 文化・観光