コイネット探検隊

ブログトップ

カテゴリ:文化・観光( 30 )

満濃池に遊びて 吉井勇 歌碑

満濃池東詰めのかりん亭脇より上を望むと大きな石の碑が目に留まります。
たどり着くにはかりん亭のすぐ横の上り坂を神野神社境内付近まで上り
右に折れる道を辿ると行き着く事ができます。
またその先には「醍醐の桜」もあります。
f0053257_9283077.jpg













これは「満濃池に遊びて」 吉井勇 の歌碑です。
「水ならで慈悲のこころをたたえたり 大師の池はありがたきかも」
f0053257_9295021.jpg













人気blogランキング
[PR]
by koi-net | 2007-03-19 09:39 | 文化・観光

神野神社境内

満濃池湖畔にたたずむ神野神社はサクラの名所としても知られています。
境内東にある大きなソメイヨシノの蕾です。
まだまだ固くて色も付いていませんが今年の開花はかなり早いといわれています。
目が離せませんね
f0053257_16403668.jpg















そのサクラの枝の下には第二回満濃池空海俳句大会で優秀な成績を収めたかたがたの句が綺麗なムクの板に書かれて展示されています。

f0053257_16405724.jpg














f0053257_16411773.jpg













四国ブログランキングに参加しています。
皆様のクリックがランクアップに繋がりますので、
よろしくお願いします→人気blogランキング
[PR]
by koi-net | 2007-02-15 16:42 | 文化・観光

冬空に神野寺を学ぶ

香川県まんのう町にある日本一のため池満濃池の堤防西詰めにある神野寺は弘仁十二年満濃池再築のため帰国された空海が、池を見下ろす神野山を聖地と選び創建された寺で、満濃池の守護道場としての使命が付与されていましす。そこで繁栄時の境内は、西は神櫛神社付近より、東は堂跡ケ峰にに至る一帯の広大な地域であったと言われています。
f0053257_10405665.jpg


     
      









神野寺への参道までには多数の石碑が並びその多くは満濃池修築記念のもので、中には著名な歌人の歌を刻んだ歌碑もあります。
f0053257_10592619.jpg













参道から本堂を見上げる

f0053257_1115172.jpg
     














参道入り口の札所石柱
f0053257_1132162.jpg



















神野寺本堂
f0053257_1143249.jpg長年廃寺となっていた神野寺は昭和七年大師会の発願で、上里法照氏を中心に空海生誕千百年祭の記念行事として、神野寺の再興が計画され昭和九年に堂宇が完成しました。昭和三十年満濃池第三次嵩上げ工事で本堂は現在地に移築されました

f0053257_117293.jpg

















f0053257_1175875.jpg本堂に御参りして左後ろを振り返ると、この世に生を受けなかった水子の地蔵群です。










f0053257_11113859.jpg水子地蔵の脇には「弘法大師恵の水」が涌いていました。

















「弘法大師恵の水」に映る地蔵
f0053257_1115579.jpg














f0053257_11533164.jpg恵の水が湧き出るところには沢山の苔が生しています。





      







見上げれば本堂鬼瓦に神の一字が見えます
f0053257_1118691.jpg













本堂を左に抜けると大もみじが並んでいます。
秋の紅葉シーズンには綺麗なところです。
f0053257_11194748.jpg












奥へ向いて歩くとすぐに道は二手に分かれて、右は四国霊場ミニ88箇所へのコースとなります。左は4・5mの坂道がありその上には青年大師像が建立されています。
f0053257_11224997.jpg













f0053257_1123214.jpg
本堂の南の丘の上に建つ弘法大師銅像は、香川県出身の小倉右一郎最大の傑作で、像高3,3mの空海青年像が3mの石の台座の上に立ち、満濃池を見下ろしている姿は真に雄大です。




大師像を後にして本堂前に続く下り坂を降ります
f0053257_1127293.jpg












途中左にはりっぱな「不動明王」の石仏があります。
境内でお会いしたお遍路さんに伺うと「不動明王は数多い御仏の中でも
わが国でもっとも尊崇せられる仏様です」と教えて頂きました。
f0053257_1133253.jpg



















f0053257_11342296.jpgさっき登って来た参道を満濃池を見ながらゆっくりと今度は下っていきます。











参道から見下ろす湖面には冬の渡り鳥が体を休めていました。
f0053257_11373721.jpg














神野寺は満濃池の象徴であると共に真言宗善通寺派の寺院として現在でも弘法大師の教えを説いています。宗教心の薄い私などがお参りしたらさぞかし高僧空海がほくそ笑むだろうなと心のどこかで思いながら神野寺を後にしました。もうすく春が来るとこの参道にもお遍路さんのお念仏が響き賑やかになることでしょう

冬の神野寺は静けさの中に仏の存在を感じたようでとてもよい雰囲気でした。
ご訪問記念にクリックお願いします 人気blogランキング
[PR]
by koi-net | 2007-01-21 11:50 | 文化・観光

第二回空海俳句大会 俳句集発行

f0053257_101496.jpg

空海俳句大会の俳句集が発行されました。
詳細はまんのう池コイネットホームページをご参照下さい。

まんのう池コイネット第二回空海俳句大会 俳句集ダウンロードページ

人気blogランキング
[PR]
by koi-net | 2006-11-19 10:11 | 文化・観光

第二回空海俳句大会開催 

今日10月22日 午後1時よりかりん会館二階において開催されました。
f0053257_16232123.jpg



















式次第

f0053257_16263116.jpg
















会場風景
f0053257_164219100.jpg
















なお、入選句などに付きましてはコイネットホームページでお知らせしてまいります。

人気blogランキング
[PR]
by koi-net | 2006-10-22 16:28 | 文化・観光

満濃池今昔 その1 堤防

満濃池の歴史とは堤防の歴史といっても過言ではありません
f0053257_1095861.jpg













半世紀前の写真が語るものとは・・
ぜひご覧下さい
「まんのう池コイネット」の最新ニュースからお入りください。
[PR]
by koi-net | 2006-10-20 10:13 | 文化・観光

満濃池水没遺跡の調査と浮かぶ神社跡

f0053257_1894274.jpg















満濃池築堤千三百年記念事業に乗じて、平成15年の冬珍しく冬季渇水期と重なり満濃池水没遺跡の調査が行われたという立て札が池の淵に立っています。
それによりますと古墳(二基) 窯跡(一基) 住居跡(三十戸) 境界石(四種類十八本)
縄文期石器(石斧等) 弥生期土師器 古墳期中期以降須恵器 等が発見されたそうです。

これにより満濃池底では歴史時代早期から優れた農耕生活が営まれ、数次による嵩上げ工事により池の拡張が行われてきたことがわかり池底に眠る遺跡の数々に先人の尊い営みが偲ばれると締めくくってあります。

満濃池底や周辺地は千三百年の昔から人々の生活が繰り返された歴史ある場所でもあるのです。

満濃池に浮かび上がる神社跡

f0053257_1815372.jpg















満濃池の堤防を東に進みかりん亭の下の道を進んでいくと、満濃池を右手に見ながらしばらく行き池に架かる大きな橋を渡り五毛地区に入っていきます。左手に集会場の建物が現れた辺りに車を止めて湖畔を眺めるとちょうど今の水位なら神社のお旅所の神輿台とその土台の石組みが水面から浮き出るように見えます。この神社は昭和34年竣工の第3次嵩上げ工事により水没となり神社は道路東の山中に移りました。

満濃池周辺を散策しますと時間が止まったかのような静けさと歴史の遺産を目の当たりにすることが出来ます。


f0053257_18334815.jpg















現在は国営讃岐まんのう公園からの通行は出来ませんが五毛地区の道路整備も順調に進み皆さんのお越しを心待ちにしております。

四国ブログランキングに参加して全国の読者の皆様に伝えたいと考えています。
ぜひクリックお願いします 人気blogランキング


http://map.livedoor.com/map/scroll?MAP=E133.53.3.3N34.9.22.4&ZM=10
http://map.livedoor.com/map/scroll?MAP=E133.53.11.6N34.9.8.9&ZM=10
[PR]
by koi-net | 2006-10-17 18:36 | 文化・観光

満濃池 神野神社でおまつり

満濃池 神野神社(かんのじんじゃ)の場所はこちらです←クリックすると地図を表示します
九日(体育の日)に神野神社の秋祭りが行われました。秋晴れの青空に神輿やちょうさ(太鼓台)が凄く綺麗に浮き出たように見えました。今回隊員Aは自分の祭り参加のためにレポートが出来ず、本当にすいません<(_ _)>(ペコリ)かわりに隊員C子が抜群の感性とカメラの腕でカバーしてくれました。ありがとう(^^)
f0053257_13283967.jpg
お祭りで賑わう満濃池の堤防です。車は約60台くらい駐車していましたが、後から後からやって来てくれてもう大変な事になりました。結局は堤防への侵入をあきらめてもらって森林公園方面へ行く道路の片側にでも駐車をお願いした次第です。本当にご迷惑をおかけしました。

f0053257_13313640.jpg
御神体がお旅所にお下がりとなり神事も厳粛に行われました。その間もちょうさをかく若衆が威勢を上げていました。かっこよかったですよ(^_-)-☆

f0053257_1334279.jpg
お旅所からのお上がりにちょうさも随行してかりん亭前のやや細い道を抜けていきます。金糸銀糸が太陽に輝いて龍の目がキラリと光っていました。

このブログを見ていらした観客の方もいて驚きましたが、見ていてくれている方も居らっしゃるのかと思ってまた頑張って取材しようと新たな決意も涌いてきました。本当に楽しい1日を過ごさせてもらいました。お越しの皆様ありがとうございました<(_ _)>
人気blogランキング


http://map.livedoor.com/map/tb/E133.52.4.6N34.9.40.4
[PR]
by koi-net | 2006-10-10 13:42 | 文化・観光

満濃池守護神 神野神社秋の大祭

十月八日・九日は満濃池でお祭りがあります。
f0053257_12115783.jpg


今年新調したちょうさが堰堤の坂を駆け上り池の堤防を渡って神社に向うのが九日のお昼頃です。その後ご神事が始まり再び堤防の西詰にあるお旅所までお神輿の行列とちょうさが練り歩きます。秋空に映えてとても綺麗ですよ
f0053257_12152544.jpg


秋を満喫しにお出で下さい。辺りには国営まんのう公園のコスモスや森林公園・神野寺など歴史や自然が沢山あって心休まるフィールドです。

関連記事http://blog.livedoor.jp/bigfoot64/archives/50607436.html


人気blogランキング
[PR]
by koi-net | 2006-10-07 12:18 | 文化・観光

ボランティアガイド

写真は9月16日に島根県からお出での設計事務所関係の方々です。わざわざボランティアガイドを要請されてお見えになりました。職業柄か技術系の解説をご要望され、それに詳しいガイドがご案内させていただきました。
コイネットのボランティアガイドでは最近このように技術的な説明を求められる団体が時々お見えになります。ゆくゆくは現在使用しています観光マップだけではなく満濃池堤防・配水塔・樋門・余水吐けなどの設備の解説などを網羅した紙媒体・IT媒体などの用意が急務となってきました。ご期待下さい
人気blogランキングf0053257_193022.jpg
[PR]
by koi-net | 2006-10-05 19:03 | 文化・観光